<< 【雑記】〜神皇杯〜九州CS出陣! | main | 【バトルスピリッツ】十二神皇編第5章 カード雑感 紫編 >>

【バトルスピリッツ】十二神皇編第5章 カード雑感 赤編

0

     

    リバイバルは別記事でやります。

     

     

    以下続きを読むでドゾ。

     

     

     

    ○レーシングオコジョー

    エピガーウルスに代わり、赤白の潤滑油的な存在になれるかと思いきや、十冠を持たないのが残念すぎる。封印時のシンボル追加を活かして、ミケネコやマウチューと速攻をかけるやり方なら悪くないかも。

     

    ○丙の整備士メンテナンスドンキー

    今回のサイクル効果、手札保護とバウンス耐性を持つシステムスピリット。召喚と破壊時にブレイヴ破壊ができ、超風魔神を意識してのデザインと思われる。系統も優秀で、出た時に仕事ができるシステムスピリットは非常に使いやすい。


    ○庚午獣ハイレオン

    ソウルコアを回収するアタック時効果を持つスピリット。このコスト帯でのシンボル追加効果は強力だが、封印が条件となるためなかなかに難しい。能動的に自分のライフを減らせる効果なので、ライフ減少時バーストを誘発できる。

     

     

    ○シューティングゼブラー

    対アルティメット用スピリット。指定アタックが必要であるが、相手のライフを減らさずに相手の盤面をコントロールしたい場面だと有効。

     

     

    ○甲寅獣マッハ・ティーガ 

    神皇&異魔神の回収枠。割とあふれている効果だが、軽減が多く使いやすい。後攻1ターン目で出せる上、赤白になれるシンボルは頼もしい。

     

    ○壬狐イマージュフォックス 

    ブレイヴ踏み倒し召喚の新カード。通常のブレイヴも出せるが今のところ異魔神の方が強いので、後々に活きるかも。ネクサス破壊は環境上不足がちで、他の効果とついで感覚で行えるのはありがたい。ただ軽減が少なく、5コストの重さを非常に感じてしまう。

     

     

    ○獄炎伯デフェール 

    ブラムザンドサポートのスピリット。トラッシュからの回収を行えないのでヤシウムなどを利用したロックは無理だが、セルフバウンスなどであれば使いまわし可能。もっとも、ブラムザンドが刺さった後にこいつが出れば、2ターンは何もできないことになるので、使いまわしを考えず攻め立てた方が楽そうではある。

     

     

    ○イマジンホース

    今更感のあるシンボル追加効果。ただ、自身の軽減の多さと、重複する点は割と強い。異魔神ブレイヴの両サイドに2体ついていれば、4シンボル×2。赤魔神なら5シンボル×2が完成するなど、なかなかに殺意ある。

     

     

    ○戊の三馬神ゴドルフィン 

    特殊なバースト発動条件を持つバーストスピリット。相手依存にはなるが、最近の踏み倒し効果の豊富さを考えると、腐ることはさほどなさそう。アルティメットに対応していない点と、増食には刺さりにくい点だけは残念。

     

     


    ブレイヴ 
    ○雷魔神

    増えてきた超装甲を一気になぎ払う召喚時効果。地味に自分のスピリットも巻き込むので、構築段階で注意が必要。

     

    ○赤魔神 

    今弾から収録されたダブルシンボル異魔神。合体条件は少し厳しめだが、両サイドにつけれるダブルシンボルはそれだけで脅威。単純にスピリットだけせん滅しても、ダブルシンボルが残るので再展開が用意になったりと、置いてあるだけでも便利に。

    赤魔神の場合はブレイヴメタのブレイヴという存在で、異魔神が増えた現環境では特に使いやすい部類。特に赤には3シンボル持ちのアマテラスが存在し、赤魔神に何かをつけた状態で召喚して赤魔神を残しつつ召喚⇒5シンボルでパンチというシンプルながら強力な動きが可能になる。

     

     


    ネクサス 
    ○情熱サーキット 

    効果はどちらもアドに直結してくれるのでありがたいが、相手依存なのが辛いところ。確実性もないので、このネクサスに頼った動きがしづらい。


    マジック 
    ○トゥエルブエナジー

    十二神皇用のビックバンエナジー。全色軽減なので赤以外でも使いやすく、それが故に単色だとコストがある程度かかってしまう。

    また、神皇は割と踏み倒し手段が豊富で、このカードをわざわざ使う必要も薄い。

     

     

    ○エグゼフレイム

    コストこそ重いものの、汎用性が高く、多くのアドバンテージを稼ぎやすいマジック。速攻に対しては全体除去、ビートに対してはピンポイント除去、コントロールに対してはネクサス処理として活躍する。

    ただやはりコストの重さは無視できない上、マジックに対してはここのところメタカードが多いため注意が必要。

     

     

    今回はこの辺で。

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.03.14 Tuesday
      • -
      • 17:40
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << March 2017 >>
      PR
      カウンター
      ブログパーツUL5
      ランキング
      カードゲーム・攻略ブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 【雑記】〜神皇杯〜九州CS出陣!
        kenken (12/03)
      • 【バトルスピリッツ】戦国竜神杯 ほんとは使う予定だったデッキ アスパラ
        kenken (11/25)
      • 【バトルスピリッツ】環境デッキを作ろう会 Uダゴン
        pandevi (11/04)
      • 【雑記】近況報告
        ガンバレ、トリィさん (10/27)
      • 【バトルスピリッツ】風と炎の異魔神ブースター カード雑感 レア&Mレア編
        期待 (10/23)
      • 【バトルスピリッツ】第1回バトスピ鉄華団交流会開催
        まるこ (05/03)
      • 【バトルスピリッツ】第1回バトスピ鉄華団交流会開催
        Mr.joker (05/03)
      • 【バトルスピリッツ】第1回バトスピ鉄華団交流会開催
        まるこ (05/01)
      • 【バトルスピリッツ】ここまでの戦国CSまとめ その1
        トリィ (02/09)
      • 【バトルスピリッツ】ここまでの戦国CSまとめ その1
        W (02/05)
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM